胸を大きくする方法は?貧乳の原因はラクトゲン受容体

胸を大きくする方法は?貧乳の原因はラクトゲン受容体

この前コチラでバストアップに欠かせない
カラダの仕組みがあることをお話しました。

 

まだ読んでない人は、あわせて読んでみてね!

 

 

 

そもそもその仕組みが無かったら、
バストアップにはまるで意味がありません。

 

実際に可能性を知る方法は何かないのかな〜?っと
個人的に調べてみたところ、それらしきヒントを
見つけることができました♪

 

その方法というのが…

 

 

 

単純に女性ホルモンの分泌を促すか、
投与することによって胸がどのような反応を出すか?というところを
見るのが良い
だそうです。

 

「反応」って何よ〜?と思いますがw
その反応としてよく分かりやすいのが
「胸のハリ」や「乳頭部のヒリヒリとする感覚」など、何かしら
バスト周辺で起こる症状のこと。

 

「しこり」や膿(うみ)のような普通ではない分泌物が出るのは異常です。

 

例えば生理前後に胸が張ったりするような、あの現象は
全て女性ホルモンの分泌が作用している証拠です。

 

もしあなたにラクトゲン受容体があって、成熟している状態であれば
胸に変化を感じ始め、大きくなっていく!という状況があると思います。

 

個人差はありますが、ラクトゲン受容体が
出来ている(成熟している)女性がバストアップケアを始めた場合
早い人は1ヶ月〜2ヶ月でバストに何かしらの効果を感じられるそうです。

 

つまりバストアップする/しないは
「ラクトゲン受容体」の成熟度次第ということですね。

 

だからラクトゲン受容体持ってる人
(成長過程のステージはそれぞれでも)は、
年齢が30〜50代でもプエラリアを摂取することで、
バストアップするんですね!

 

逆にホルモンなどの分泌が安定しない
20代までは、あまりケアしないで自然に
任せたほうが良いそうです。

 

 

 

 

 

一方…
変化があまり見られない、または全然変わらない…
そんなあなたは、残念ながらラクトゲン受容体が作られていないか、
もしくはまだ成熟していないか?のどちらかということです。
(後者なら、まだ望みがあります!)

 

 

ラクトゲン受容体は、現在人工的に作り出すことは
不可能(存在の有無を確かめること自体もまだ研究段階)
とされているので、自分は持っているかどうか?成熟前か?
を知る事が大前提なんですね。

 

 

 

ガッカリしちゃいました?
そんなあなたに耳寄り情報です!

 

手軽にしかもタダでバストアップできそうな方法が実はあるんです!
この方法に取り組むことで、ナント美肌もGetできちゃいます!

 

よければコチラも↓参考に読んでくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る