ベルタプエラリア口コミからバストアップ効果について購入前に調べてみた

お胸の成長期間は初経から数年間だけ!?まだバストアップできる?

女性の体って完成するまでの
成長スピードが早いですよね。

 

男の子と違って身長も早い内から
大きくなってこのままグングン伸びるかな?
と思いきや、小学校高学年辺りで成長
ストップする人もいるし、たいてい高校生
になる頃には頭打ちって人が多いです。

 

 

バストが成長するのはいつ頃から?

私たちが気になるバストについても
実は成長できる期間(タイミング?)があって、
人によって違いはありますが、おおよそ
4年間
と言われています。

 

バストの自然な形での成長の始まりから
落ち着きまでをチャートにしたのが下の表です。

 

 

 

これは女性の体が、少女から大人へと
成長する段階を「お胸」にだけ注目して
いますが、だいたい女性の体が完成する
といわれる16歳〜20歳前後までの
成長過程と近いかなーと思います。

 

 

【お胸の自然な形での成長過程】

  1. ジュニアステップ1

    乳首周辺がふくらみ始める(初経開始の1年前後)

  2.  

  3. ジュニアステップ2

    お胸のふくらみが横展開する(初経が終わった頃)

  4.  

  5. ジュニアステップ3

    お胸全体が立体的にふくらんで女性らしいバストへ形作られる(初経後1〜3年程度)

 

この3つのステップ期間が大よそ4年です。

成長期ステージ別にブラも選ぼう! - バストアップ計画は成長期から始める -

成長期ってけっこう短いですよね…
でもその期間中に気を使ったほうが
良いポイントもありますよね。

 

それは「ブラジャー」

 

バストの成長度合いにあわせて
ブラも選んであげると、形の良いキレイな
お胸に成長させることができます。

 

できれば次の基準で選ぶと
お胸の成長へ差し支えや負担が軽くなって
より理想の美バストをつくるのに期待が
持てます。

 

ジュニアステップ1期

 

 

 

 

ブラトップ

 

(トップが二重になっていてブラ機能がついているブラトップ)

 

ジュニアステップ2期

 

 

 

女性らしくふくらみが出てくるこの時期は、ユレを押さえるブラタイプ

ストラップ部分も身長などの体全体の成長にフィットするように伸び縮みするタイプがオススメ

 

ジュニアステップ3期

 

 

 

見た目はほぼ大人用ブラと一緒。

この時期はバストが固く、ふくらむので「おさえる」のではなく

「柔らかく支える」タイプを選ぶと違和感がなくて生活しやすい。

出典:ワコール

 

 

わずか4年とも思えますが
実際は人によって成長開始時期がバラバラ
になるのでだいたい10歳〜始まって、
遅くても15・6歳くらい頃までにはお胸の
成長がスタートします。

 

成長期が終わっても諦めないで!

自然な形でのお胸の成長は
何もしないとこのままで一旦お休み
となります。

 

その後は食べ物や運動、環境の変化によって
成長が促されるのを神頼みするしかありません。

 

つまりバストアップについての知識が無いと
やみくもに「良さげ」な情報に飛びついて
あれこれ実践することになります。

 

でも、バストアップ自体は
いくつになっても
できる可能性があるんです。

 

知ってます?
ラクトゲン受容体」というコトバを。

 

 

これは最近注目され始めている
バストアップには欠かせない一つのポイントなんです。

 

私たちの体には1兆個とも言われる
細胞組織があって、それぞれ違った機能を
もっています。

 

中でもバストの中に存在すると言われる
「ラクトゲン受容体」はお胸の成長には
欠かせない
成長ホルモンを分泌するのに不可欠な存在と言われています。

 

バストアップに必要な三大要素は…

 

 

この三要素が一緒に機能すると
バストアップすると言われています。

 

ここで問題なのが
「あなたにラクトゲン受容体があるか
どうか?」というコトです。

 

「え?みんな持ってるんじゃないの?」って
思った、ソコのあなた。

 

実はこの細胞は人によってポテンシャルも
数も違うので、自分がどのくらい実力を
秘めているかどうか?をあらかじめ
知っておくことが、今後のバストアップ計画
には不可欠な情報と言えると思います。

 

どうやってそれを調べたら良いかについては
次のページでお話しますね。

 

⇒ 胸を大きくするにはラクトゲン受容体が必要【あなたには有る?】

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ戻る